忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 6月から鳴いていた蝉もついに青空を喜んでいる。

6月から鳴いていた蝉もついに青空を喜んでいる。







しばし、blogを綴らない間に夏である。



目の前の海が祝福している。

窓からゆるい風、部屋の隅にまた蟹。蟹。蟹。
6月から鳴いていた蝉もついに青空を喜んでいる。


仕事終わりの黄昏に海辺で椅子に腰掛けて北からの気だるい風の中で本を読む心地良さに酔いしれているのだが運が良くも悪くもすぐに近所の友達(還暦以上死体未満)が声を掛けてきてくれる。そこから、陽が沈み街灯が灯り、辺りに虫が寄ってくるまで話は続く。
そこに住む人の、その人が見守ってきた土地の、歴史や与太話を聞くことには「読書」とよく似た醍醐味もあり、基本的にはウザいのだが、それが迷惑かと言われればそうでも無い。ウザ楽しいといった感じである。ウザいけど、楽しい。みなさん長生きしてくださいね。




話変わり、ミチヨ食堂とチアフルマークがここ西方で海の家をopenした。
これは僕らにとって本当に嬉しい出来事の一つなのだ。





PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword