忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 二階堂ふみの柚子胡椒炒め的な、よりブスの方が。

二階堂ふみの柚子胡椒炒め的な、よりブスの方が。

頭蓋骨の内側で星屑みたいな散らかり方をした言葉がようやく、真ん中に集まり始めてあらかじめ決められた位置に、いま収まろうとしている、待ってました。こうなれば、頭に浮かんだコトを言葉にするのはbefore朝飯である。問題は、心に漂う感情(のようなもの)の言語化なのよね。まあ、それと向き合わずになにが芸術だ馬鹿野郎って話だなななな。それにしても自分が、可愛いことを知っている女は確かに可愛いのだが自分が可愛いことに気付いていない女はもっと可愛いなと、陸に上げられて錆び付いた船やら、港に浮かぶクレーン付の作業船の前で、小雨に降られて思った。閑話休題、手探って、手探って、手探って、感情を、その形のまま、その色で、その熱で、その手触りで、ひとつの言葉に。


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword