忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 寝たフリ、一人。

寝たフリ、一人。

意識から2mm程度のとこでの睡眠が延々と続き、アレはもはや寝ているというより寝たフリをしていた。ついに我慢出来ずに時計をみれば6時、ベッドに潜り込み4時間が経っており窓から見える空はそろそろ白けていた。可笑しくなった。左耳の奥が痒かった。当然全然寝た気がせず、いっそ起きたろかいと思ったが今日は一人店番の日につき、余計に体力を消耗するのはわかりきっているから出来る限り充電することを心掛けて、寝たフリを再開した。毎夜、睡眠がなければ稼働を続けることが出来ないこの肉体の心細さが、今日はやけに愛しく思えた。意味もなく、頭と足の向きを変えてみたりして、空のように、海を見上げてみたりして。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword