忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 蝉が、細く細く

蝉が、細く細く

風が強い日、雨が乱暴に通り過ぎて行った、良美は歯医者に行った。三吾は後部座席におり、チャイルドシートの上で、ひとりぼっちのくらげみたいに、寝ている。悠々と読書が出来るチャンス(貴重)が訪れた気分になり古本屋へ、100円を3冊、マッハで。これで、悠々と読書が出来るチャンス(奇跡)に浸れると舌で唇を舐めた途端に起きやがる息子。15歳くらいであればワンパン入れてもう一度寝に落とすところであるがまだ1歳だから優しく抱き上げて「はぁい」なんつって、8月が、終わろうとしている。蝉が、細く細く哭いている。




PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword