忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 2割ほど増し。って感じ

2割ほど増し。って感じ

妙子さ~ん妙子さ~ん、と爺さんが心細そうな声をあげながらコインランドリーの丸い洗濯機の蓋を、ひとつひとつノックしながら歩いていた。夢はそこで覚めた。

午後9:30にセガレを寝かしつける為に僕は二階に上がった。良美は台所で夕食の準備をしてくれていた。セガレを寝かしつけていた僕もいつの間にか眠ってしまい午前零時半に夢から覚めた。隣に良美が寝ていた。

一階に降りてきて、ひとりで晩御飯を食べた。
唐揚げ。向かい合って座り、
ありがとうを直接伝えたかった美味しさ。



何もないようで、
それなりに忙しい日々を過ごしている。
もうすぐ年越しである。今年の愉しさは例年より2割ほど増し。って感じ

お腹いっぱいで、外に出て冬のくせに生ぬるい風に金玉をさらして用を足しながら来年は弾けてやろう、と誓った。








PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword