忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 29日の夜、

29日の夜、




朝、どこかの家の飼い猫が鳥を食べていた。
鳥の毛の散らかり方が、
やけに現場を生々しく映した。
極普通のことだろうに。

息子にも見せようとした時に猫が居なくなった。


まるで春のような日差しの年の瀬だが朝夕はやはり冬であるストーブ。

あと2日



PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword