忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 春よ来い、はよ来い。

春よ来い、はよ来い。

冷たく強い風の吹くオランダでの幾つかの夜を経て帰国後はすっかり詩を綴ることに火がつき、目が充血しているのだが困ったことにロクに書けやしない。というのも、日常の至るところに幸福が寄り添い、視界のあらゆる場所に花が咲いている状態なのだ。

若い頃から詩に限らず、文章を綴るときは大抵、自分の心の深淵を覗き、底に在る不条理や矛盾や怒り悲しみ悪夢絶望を汲み取り、それを言葉にしてきた。難儀である。

その間に三吾には歯が生えた。


相変わらず激しい夫婦喧嘩、改め夫婦戦争を挟みながらもぼちぼち家族生活を満喫している。

結婚して人の夫となり、子供が産まれて人の親となり、人並みに鮮やかな幸福を齧り、いやあ、人生って捨てたもんじゃないすね、なんてありふれた呑気な顔をして、この社会で暮らしている自分のイマと、10年前の自分のギャップを、たまにフラっと考えてしまう。

大阪の町で乞食を経て、転がりこんだ女にフラれ、最高速度30キロのバイクにまたがり1号線をひたすら、何の当てもなく東京を目指していた10年前の私には野垂れ死にの未来しか用意されていなかっにはずなのだ。それがこれである。

「ひとのlifeはchoiceだよ」と、19歳の頃に、海の見える丘のうえの家に住む年齢不詳のオヤジから言われた言葉はイマも耳の奥のほうで反響している。土砂降りの痛みのなかを傘もささず走っていた気がするが、今はいつだって傘になってやる覚悟である。

つまり、自分の心の深淵を覗き、底に在る不条理や矛盾や怒り悲しみ悪夢絶望を汲み取り、それを言葉にしきたが、これからはこの日常のありあまる幸福も言葉にしなければならない。それが解決法であり、結論とする。春よ来い、はよ来い。







PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword