忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > yes!美しい世界。育児のこと

yes!美しい世界。育児のこと




朝からグズりまくる三吾。ここ数日、そんな日が続いているように思うの。目の前に幾つかの道があってそれは少し離れた場所でまた合流していてそこに三吾が立っている。さて、俺はどの道をゆけば彼が喜ぶのかを考えてとりあえず歩みを進める、その道が間違っていれば遠くの彼はすぐに泣きながら両手で×印を作り頭の上に上げる。おっ、欲しいのはバナナじゃなかったんだね、そうかい、そうかい教えてくれてありがとう。とりあえず唄うか、そうすれば彼のご機嫌は少しだけ整うからその間にまた別れ道の入り口に戻り別の道を探索する、を繰り返す。何度も何度も繰り返すと必ず彼が喜ぶ道筋を見つけることが可能なのだが、驚くことにその道筋は目の前に広がる選択肢ではなく、例えば穴を掘って彼の場所まで辿り着くとか、セスナをチャーターして空からゆくとか、場合によっちゃ船を使う為にやや遠回りにはなるがまず海を目指すとか、そういった面倒なプロセスが必要になる。そして、一人よりも当然二人の方がこの場合、心強いし、その道のりも楽しい。だから妻の存在が不可欠だし、彼女にとっての僕の存在もナイスでありたい。愛だから。

ここ何日か続いている息子のグズりのワケを考えながら(明確なワケなんて、きっとないんだけどさ)その対応と解決に間違いのないよう自問自答と僕らの未来へのメモ(&アドバイス)も兼ねてここに記す。ここ11ヶ月の頼りない経験則から言えばコレは成長の兆し、彼の中で起きている大きな変化の前兆、いよいよ重力に慣れてきて2本足で立ち上がり歩き出すに違いねえな、yes!美しい世界が君を待っている。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword