忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > poet. > 日はまたのぼりくりかえす二階堂和美

日はまたのぼりくりかえす二階堂和美

南の島々はすっかり夏だ、つって鳥が教えてくれた、


その鳥は鳥で風が教えてくれたつって、


その風は風で月が教えてくれたつって、


その月は月で錆びた鉄が教えてくれたつって、


その錆びた鉄は錆びた鉄でクジラが教えてくれたつって、


そのクジラはクジラで花びらが教えてくれたつって、


その花びらは花びらで渇れたミミズが教えてくれたつって、


その渇れたミミズは渇れたミミズで最後の雨が教えてくれたつって、


その最後の雨は最後の雨で鳥が~。なんつって。


辿っているまに秋がきてまた冬になり春の訪れ、光に包まれて。まばゆく。遠くで揺れる女の背中に耳を済ます。


ブツブツ聞こえる
(ニルヴァーナ,ニルヴァーナ)。
ははん、ありゃきっと二階堂和美だ。


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword