忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > また少しだけ自由に、踊り始めている気がして、

また少しだけ自由に、踊り始めている気がして、

          



ヤフオクで1円のスニーカーを落札しました山下です。こんばんは、
ご機嫌いかがでしょうか?




詩は歴史に対して垂直に立っていると言ったのは足穂か。
記憶は曖昧ですけど。
それにしても、この家には「ハエ」が多い。
天井や、壁や、私の腕や、テーブルの上に止まるハエの平衡感覚はさぞかしタフですね。
私が毎朝眺めているこの海の果ての水平線も、
天井や壁に止まっているハエの視点で見れば縦や、逆さ。しかし、
飛行するときは足がちゃんと下にあるんだよなハエ。それは重力か、重力の仕業なのか、
不思議です。それにハエはいつ寝ているのでしょうね、
寒い日はどこに行っているのでしょうね。
近頃、手塚治虫の火の鳥を何度も読み返していて、
輪廻転生みたいなものを、しみじみと意識させられているもんで、
たとえば明日死んだ私が、ハエになることを考えると、
死ぬのも悪くないね、なんて心にも無いこと書いちゃう。とか思っちゃう時点で、
ひょっとすると前世の私はハエだったのかもね、まさかね。


近頃はやけに坦々と日々が廻る。


テレビ回線を設置していないお陰か、
インタネットでニュースを見ることも最低限に控えているし、
心がとても平(たいら)なのです。一概にこれが良いことと言えないのは、
自分は、葛藤や、後悔や、日々の虚無感や浮世の矛盾やその憤りのような感覚を、
文学に換えて表現することが過去に多くあったのであって、
心が平な状態ではなかなか、「創る」ことが困難な状況にある。というのも、
30日に蒲生で開催されるイベントに招待されており、
ポエトリーリーディングを一席ブたして頂くわけなのでございますが、
それの準備がまるで“ままならない”というワケなのだ、そんなとき、
人の3倍のスピードで髪の毛が伸びるあの芸術家ならこう言うね、

「それなら、それを詩にすればいい」




この頃、このBlogを書くことを意識しているせいで、
幾分、脳みその使い方も思いだして、まだまだぎこちない心地ではあるが、
言葉が、また少しだけ自由に、踊り始めている気がしてなんとなくうれしい。





ストーブの灯油がもう空になった。

emptyとskyの漢字が同じというのは、

日本語の「好きなところ」の一つである。




今日の夕食は、チキンソテーとサラダ。
白米玄米。豆腐。ハマ家から貰いものの芋の入ったスープ。ご馳走様でした。



さて、久しぶりにDVDで観るか。



PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword