忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 明日の朝が来たら

明日の朝が来たら

             


「芸術ってさ、人間しか享受できないものだから・・・」という言葉を仲の良い友人がこぼした。言葉の真意はさておき、別の友人は“車を所持しない理由”に「人間しか享受できないものだから」と言っていた。「ウサギとか、猫とか、木とかさ、そういうヤツらが運転できるものなら、ボクも車を持ってもいいなあ」、と。その話を聞きながら、やけにわくわくしたのを覚えている。

人の考えは面白い。例えば、落語。上方落語ではその真髄を「笑い」と捉えていて、兎にも角にも、貪欲に笑いだけを追及する話芸を磨くとのこと(ザックリ言っちゃうとね)。一方、江戸の落語は突き詰めていけば「人情噺」がその背骨に在る(ザックリ言っちゃうとね)。個人的な掴み方なのだが、上方落語の場合、「目線」が“客の側”にあって、江戸の場合“噺家の側にある”といった具合か。これはきっと、上方と江戸の落語の誕生や、進化の過程で起きた“差異”なのだろうけど。つまり談志師匠の有名なセリフ「落語とは業の肯定である」は江戸の落語に限ったことであり、上方のソレとは別モノなのだ。とはいえ僕はその両方の落語が好きで、噺家が好きで、今日も上方落語の「宿替え(江戸落語では『粗忽の釘』)」を車の中で聴きながら一人でゲハゲハ笑っていた。つまりは何が言いたいのかと言うとさ、人の価値観は千差万別多種多様、それぞれがそれぞれの色彩と、響き方を持っている。だから“今の”僕はそれら全てを否定したり反発することなく受け入れたいと考えている。たとえば、結婚観とか、仕事に対する考え方とか、原発の是非もそうです。浮世にはとんでもなく阿呆な人間が居て、結婚は人生の墓場だとか、仕事は生き甲斐だとか、原発は人類にとって希望の光だとかヌカしたりもするのですが、“今の”僕はそれらの戯言を聞いたところで微動だにせず、優しく微笑み、両の手を広げて、ほぉそうなのですか。ほぉそうですか。ほぉ、よござんすなあ。それにしてもYou are happy!!と言って、ギュっと抱きしめてあげたい。

反抗に伴う“継続性”にはそれなりのパワーが必要で、
それを成し遂げるには(ひょっとすると)手前の大事な大事な一回きりの美しい人生をまるまる捧げなければならない。勿論、それはそれで、悪くない人生かもしれないけどさ、敢えて言うなれば「肯定の美学」という価値観を少しずつ養っていければ幸いです。山ではなく、海を選んだ人間の一人として。まだまだ手探り五里霧中の日々とはいえ、排他ではなく出来る限りの協調と、先の見えない「システム」の端っこで暮らす“現代人”の一人として、波と家族と、文学片手に世を遊ぶ古本屋としてタコ焼き屋として詩人として。人ありきの芸術の醍醐味を追及する人間の端くれとして。

先端でもなく底辺でもなく、
異端でもなく俗でもなく、
右でもなく左でもなく、
それらに溶けて溶かせて混ぜて合わせて、受け入れて、
「これでいいのだ」の日々を過ごしたいだけ。

まずは、
家の向かいに住んでいる九州電力職員のババァに「やあ」と挨拶してみるか、明日の朝が来たら。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword