忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 晩御飯食べたのにまた腹減ったつってる。

晩御飯食べたのにまた腹減ったつってる。

すぐそばで暮らしているのだが人付き合いが上手いのか不得意なのかまるでよくわからない女の誕生日を、友人諸君が祝ってくれるということで、すぐそばで暮らす者として共に、近場の食堂に出掛けていった。七年と六ヶ月、この人と一緒に寝たり起きたり跳ねたり泣いたりしているが、このような形でこの人が他人から祝いの場をもうけてもらったことは記憶にないから正直言って、自分のこと以上に、照れ臭くてありがたくて、感謝の言葉を探すのに苦労している。トモダチって、こういうときに、とても面倒で、とても温かい。"ありがとう"という言葉じゃ全然物足らないんだ。それでこの感情の全てを伝えきれる心地がしない。だから彼らのトモダチとしてこれからも、これまでと、昨日のアリガトウを表現していき鯛。


七年と六ヶ月まえ、雑踏の端、鉄橋の真下、僕は彼女に出逢った。冬の始まりがすぐそこにある、秋の半ばか終わりの頃だった気がする。七年と六ヶ月という時間の経過が早いのか、遅いのかはどうでもよくて、長いのか、短いのかも気にしていない。お互い、震災という"転換期"が真ん中に挟まっていることもあり、本当に色々なことがあったよなあとは思うものの、おそらくこれから先も人生は続いていて、これまでよりも色々なことが、僕たちを待っている気はするのだが、、、気がするだけだろう。そんなことは誰にもわからない。それで、いまわかっていることは、彼女のお腹の中に僕らの子供が宿っているということ。そして、

そこに在るのが紛れもなく七年と六ヶ月全ての出来事と、愛情の結晶であり、確実な未来であるということ。


あと二カ月、とにかく無事に生まれてきてくれることを僕は毎日、祈っている。それから、知っている。生まれてくるのは僕たちの子供であり、新しい人生の始まりであるということを。ハッピーバースデー、最愛のひと。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword