忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 曇天と海

曇天と海

どれほど時が過ぎ、場所が変わり、年を重ねても3月11日が巡るたびに2011年のことを思い出し続けるのだろうな。こんなにも、人生を変える出来事が、この先あるのだろうか。もしも「在る」のならばせめてそれは、愉しいことであって欲しいと心から願っている。穏やかであれ、安らかであれ、死んだ人も、生きている人も。と、一人暮らし10日めの朝。珈琲をすすりながら二階の窓から曇天と海、眺めて。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword