忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 異端児の城。

異端児の城。


思えば、ずいぶん遠いところまで来たもんだ。

自分の生まれ育ったこの街が嫌いで仕方なくて誰にも気づかれないように呪うほど嫌悪してようやく18になり中途半端なダサい訛りと人の目と耳を余分に気にして身を屈めて過ごす暮らしにアバヨと手を振り捨てた故郷。大袈裟ではなく、あの日は、そんな気分の春だった。それから遠く、遠く、遠くを指さして歩いて暴れて恋してフラれて泣いて笑って本読んで、ろくに働きもせず吸って吐いて映画観て、愚痴は零さず音楽に揺れて、晴れ晴れと転がって躓いてそのまま眠り、甘い夢を見てまた起き上がり旅を続けて、地球ってのはホントに円いんだねえ、一番遠くを目指したつもりが一周して生まれ育ったあの街の目と鼻の先に侘しくも自分なりの楽園を見出し最愛の恋人と二人で暮らし始めた。平坦は退屈で繰り返しも退屈で田舎は退屈で物語はなにも始まらないと思っていた。全ての若者がそうであるように、いつかの僕も青く、ほとんどの勘違いを真実と信じて疑わず何も、知らなかった。そして今夜、僕はようやく33歳になったゾロ目。相変わらず勘違いしているかもしれない、相変わらずそれらを信じているかもしれない、でも知っている。それでいいことを。
経年進化を楽しめよ少年、繰り返す日々の営みに小さな幸福を見つけて青年。ゾロ目。33、なんか愉快。


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword