忍者ブログ

波と文学

Home > ブログ > 日々のこと > 穏やかに揺れる

穏やかに揺れる

小説にせよ、詩にせよ、一行目の大切さといったら、それが全てを決めるといっても過言ではない。そして、僕らにとってのそれは子育てにしても然り。


ちょうど、いま。彼の一生における大切な一行目に向かい合い、目には見えない言葉をしっかりと愉快に、夫婦で綴っているところだ。


たっぷりの冒険譚、極上のラヴストーリー、奇想綺譚なSFの混ざり合った独創的な世界のすべてがここから始まる。窓の外に降る一粒の雨が、土に落ちて植物の根に染みて葉になり花を咲かすように彼の世界の土台を空想の種を、じっくりと育んでいきたい。





てなことを淡々と想う息子が生まれて十月が過ぎた今日の雨降り。全ての命が愛しくてたまらんよ。今夜も良美の子守唄が穏やかに揺れている。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword